ブログ「農場日記」

2019.04.11 [ 農場日記 | 肥料・農薬情報 ]

4月~5月「プロファームコントローラー」を使いこなす!

①天気の変化が大きく給液装置のタイマー設定では、天候の変化に合わせた設定変更をその都度行なわなくてはならず面倒。
農家女性
ヒント ⇒    プロファームコントローラーから日射比例潅水制御を行なうことができます。

ヒント
■スケジュール→灌水から灌水する時間帯の設定をします。
日の出時刻連動、日の入り時刻連動の設定もできます。
■設定→灌水→機器設定から遮光カーテンの遮光率の設定します。
遮光カーテン使用時は、遮光カーテンの遮光率を灌水用積算日射に反映させます。
■設定灌水水→灌水設定から自動灌水のための積算日射量、最大灌水間隔、最小灌水間隔の設定を行ないます。
現在のタイマー設定(晴れの日の灌水回数、曇雨天の日の灌水回数)を基準に設定を行います。灌水用積算日射量は期間をまたいで積算されます。
灌水が無い期間をまたいでの日射量は積算されません。 
最大・最小灌水間隔は期間をまたぐ時にリセットされます。
※備考:積算日射量1.0MJ/㎡=100J/c㎡

1棟制御取扱説明書49ページ105~107ページ2棟制御取扱説明書49ページ、106~108ページ
サポートサイト 操作方法ビデオ ・・・・ プロファームコントローラー解説 「潅水編」
サポートサイト お役立ち資料 ・・・・ 灌水用積算日射量の計算式、飽差補正計算について
サポートサイト お役立ち資料 ・・・・ 水分センサーの設置と注意事項
サポートサイト お役立ち資料 ・・・・ プロファームコントローラー潅水資料
※ポイント
○急な天候変化などの緊急時は、プロファームモニターサイトからの遠隔操作による手動運転での対応ができます。
○遠隔操作をした場合、プロファームモニターサイトで培地水分センサーの履歴より灌水動作の確認をしてください。

②晴天時は夏と同じ位の日射量となります。
特に悪天候が続いた後の天候回復時に作物の萎れやチップバーンが発生することがあります。

農家女性
ヒント ⇒    強日射のときだけ遮光することで作物のストレスや萎れを軽減できます。


ヒント ■遮光の時間設定、カーテンの使用率は・・・スケジュール→遮光カーテンから設定します。
例:11時から14時までカーテン使用率80%で設定
■日射量の設定は・・・設定→カーテン→遮光設定から設定します。
例:日射700W以上のときに遮光、設定日射量以下になったら(ディファレンシャル:50w)(700-50=650w)遮光をやめる。

1棟制御取扱説明書 41ページ、93ページ2棟制御取扱説明書 41ページ、94ページ
サポートサイト 操作方法ビデオ ・・・・ プロファームコントローラー解説 「遮光カーテン編」
※ポイント 
○履歴画面で日射量とハウス内温度変化を確認し作物の状態に合わせた遮光時間、遮光設定を決めましょう。
○頻繁に遮光カーテンが開閉する時はディファレンシャルの数値を大きくしてください。 
例:ディファレンシャル50w→100w

前の記事を見る

次の記事を見る

トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.toyotane.co.jp/p/trackback/001426

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

前の記事を見る

次の記事を見る