ブログ「農場日記」

2019.03.19 [ 農場日記 | 肥料・農薬情報 ]

3月~4月「ブロッコリー・カリフラワー」管理ワンポイント

・三寒四温と言われる気温の低い日と温暖な日が交互にやってきます。
また一日の中でも寒暖差が大きく、雨量も比較的多い時期になります。
・近年は極端な温度変化・乾燥・湿害により生理障害が問題となりやすく、潅水・追肥・土寄せ・消毒をタイミングを逃さず実施することが重要です。
・定植後にべたがけ資材や露地用ネットを活用することで、低温・風による生育不良やヒヨドリなどの鳥害を軽減できます。

【春のお勧め資材】
P-マックス-L 鉄力あくあF-14 ペンタキープHYPER
P-マックス 鉄力あくあF14根 ペンタキープHYPER

◇P-マックス・L亜リン酸の働きで発根が良くなり、環境ストレスに強くなる力が養成されます。1000~1500倍で葉面散布。カルシウム資材、アルカリ資材及びアルカリ性農薬・銅剤との混用はできません。

◇鉄力あくあF14根からも葉からも吸収されやすい2価鉄やホウ素など成分とする微量要素肥料。
・ホウ素欠乏などの生理障害予防に。
・施用:5000~10000倍で葉面散布

◇ペンタキープHYPER (5ALAと微量要素配合) 
施用:5000倍にて2~3回葉面散布。

【病害虫防除】
・比較的病害虫は少ない時期ですが、東海地方では越冬したコナガが活動をはじめます。食害がみられたら収穫前日でも散布可能なBT剤などで初期防除。

・根こぶ病・菌核病などの病害発生株は早めに抜き取り圃場外処分を行いましょう。

・収穫残渣がコナガなどの害虫繁殖場所になるので収穫が終了したら早めにすきこみ、再生残渣も早めに除去しましょう。

・根こぶ病発生圃場では、休眠胞子への殺菌効果もあるフロンサイドを低温期であっても定植前に散布土壌混和することで菌密度を減少させることができます。

・菌核病発生圃場では栽培終了後、すき込み前に微生物殺菌剤ミニタンWDGを800g/10a散布し土壌混和。

農薬散布参考例

薬剤名
主な適用病害虫
使用時期
使用倍率
散布回数
備考
1
ゼンターリ顆粒水和剤
コナガ、ヨトウムシ、アオムシ
収穫前日まで
1000~2000
-
BT剤、フローバックと同一系統。使用回数制限なし
まくぴか
シリコーン系展着剤
- 3000~10000
- 農薬を均一散布、汚れ軽減、散布後の乾きを早める

2
カッパーシン水和剤
黒腐病
収穫21日前まで
1000
4回以内
ブロッコリーのみに登録、予防効果のある銅と治療効果のあるカスガマイシンの混合
ミックスパワー

- 3000
- 展着剤 農薬を均一散布、汚れ軽減

3
コテツフロアブル
コナガ
収穫3日前まで
2000
2回まで
害虫のいずれのステージでも効果。
ランマンFL
べと病
収穫3日前まで 2000
カリフラワー4回まで、ブロッコリー2回まで
オラクルと同系統
まくぴか
シリコーン系展着剤
- 3000~10000
- 農薬を均一散布、汚れ軽減、散布後の乾きを早める

4
モスピラン顆粒水溶剤
コナガ、アオムシ、アブラムシ
カリフラワー7日前まで、ブロッコリー14日前まで
2000
3回まで
アルバリン(ブロッコリーのみ登録)と同系統
スターナ水和剤
軟腐病
収穫14日前まで
1000~2000
2回まで
病原細菌の増殖抑制
まくぴか
シリコーン系展着剤
- 3000~10000
- 農薬を均一散布、汚れ軽減、散布後の乾きを早める

・病害虫の発生が少ない~発生初期
 ・・・散布回数制限の無いBT剤を中心にローテーション 1→3→4
・病害虫発生期・・・薬剤系統を変えてローテーション   2→3→4
・農薬散布にあたっては、農薬登録内容を農薬ラベル等で確認の上、使用してください。

スタッフ男性 スタッフ女性


前の記事を見る

次の記事を見る

トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.toyotane.co.jp/p/trackback/001404

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

前の記事を見る

次の記事を見る