ブログ「クロロフィル通信」

2020.07.31 [ クロロフィル通信 | 歴史に学ぶ ]

「ビニペット」発売50年、凄い!!

こんにちは (^_^)
農業資材通信 第1815号(7月25日)

ビニペット発売50年を迎えたようです。

時は1970年(昭和45年)6月に市場に登場。
施設園芸の発展に寄与したものの一つですね。
ニーズから生まれた画期的なもの。

今やネジ(ボルト・ナット)並みに施設園芸ハウスの基本部材!
無くてはならない一つに数えれられます。

また1970年は大阪万博の開催された年でもあります。
エポックメイキングepoch-making。

ビニペットの構造はいたってシンプル。
レール構造に肝となる「スプリング」。ここがミソです。
タニ・ヤマ構造。

現在ハウスは厚手の長期張りPOが主流となり
被覆スプリングが3本入る形状。

ビニペットEX ビニペットEX断面

参考サイズ
高さ13☓下面31.5☓厚み1.1mm

ビニペットは日々進化して現在ではシリーズとして全10商品を取り揃えるほど充実。
また材質的にはスチール、ガルバリウム、カラー、アルミの4種類のほか高張力のものの受注対応も可能のようです。

所感として
ヒントは現場にあります。
生産者様の工夫やアイデア、宝庫です。

最近では環境制御、経営面、ロボット化、物からコト消費の時代!
面白い時代です。

コロナ後を見据えて動いてく、見えている人には見えている。

編集室


前の記事を見る

次の記事を見る

トラックバック

このページのトラックバックURL:
https://www.toyotane.co.jp/p/trackback/001650

コメント

この記事に対するコメントはまだありません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

前の記事を見る

次の記事を見る